1. Facebookは仕事で活用している人が多い
  2. 写真や動画の時代だからこそ、インスタグラム
  3. LINEは日常に欠かせないSNSとなった!
  4. SNSは今後どうなっていくことが予測される?
Close
  1. SNSは今後どうなっていくことが予測される?
  2. 有名どころだけじゃない!世の中のSNS!
  3. SNS同士の連携でより便利で不動のものに
  4. LINEは日常に欠かせないSNSとなった!
  5. 若年層の割合が多いTwitter
  6. Facebookは仕事で活用している人が多い
  7. タグ付け?アーカイブ?インスタグラムを使いこなす!
  8. インスタグラムでアカウント削除になる理由?
  9. 写真や動画の時代だからこそ、インスタグラム
Close

有名どころだけじゃない!世の中のSNS!

SNSはSocial Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の短縮化された用語でサービスを提供するウェブサイトも含まれるものです。
主な目的は個人と個人の間のコミュニケーションにあり、利用するにはサービスに会員登録する必要があると言われています。
参加者から招待がないと参加できないシステムになっている場合もあり、世界各国において企業や政府機関など多くの分野で活用されてます。

国内・国外で有名なものとしてはTwitterやFacebook、YouTubeやGoogle+、LINE、インスタグラム等がよく知られるものです。

Twitter
ゆるめのつながりで知られるSNSで月間アクティブユーザーは4500万人とされ埋め込みツイート付きサイトへの月間訪問数は10億件と言われ、一般ユーザーを始め企業や芸能人、政治家その他多くの人々が情報発信しております。

Facebook
月間アクティブ利用者数は20.1億人、国内のユーザーは2800万人と言われLINE 、Twitterに次いで利用者数が多いと言われています。

YouTube
基本は動画の鑑賞で動画に対してコメントを残すことも出来ますしURLを他のSNSでシェアしたり、自分のホームページに貼り付けたりすることも可能です。
スマートフォンでHD動画が撮影でき編集も簡単なコミュニケーションツールであると言えます。

Google+
数万文字以上の投稿ができるため長い文章で表現するのに向いていて、一般公開で投稿すれば非会員でも見ることができますし公開範囲を決めて限定公開することもできるようです。

LINE
国内ユーザー数は7000万人、1日3600万人が使用すると言われる国内シェアが40%とされる最強メッセンジャーアプリで、一般用以外にLINE@という企業や個人経営者用のものがあり、後者はアカウント申請が必要です。
拡散性は低めで若年層の割合が多いと言われています。

インスタグラム
写真に特化したスマートフォン用のSNSのことで国内ユーザー数は2000万人、10代から30代の女性ユーザーがメインとされ画像を通した双方向でのコミュニケーションが行われていてトレンドにもなっています。

mixi
過去2004年には我国ではmixiがトレンドになった時期もありました。
現在では、SNSとしての利用者は上記に比べて格段に少ないようですが、閉鎖の予定はないようです。

国外では有名SNS以外に2010年頃からプライベート・ソーシャル・ネットワーキング・サービスと呼ばれる親しい人やプライベートなつながりを求めるサービスも知られるようになり、我国でも2012年頃から少しずつ広まりつつあります。

Related post

Recommend post

  1. SNSは今後どうなっていくことが予測される?
  2. LINEは日常に欠かせないSNSとなった!
  3. Facebookは仕事で活用している人が多い
  4. 写真や動画の時代だからこそ、インスタグラム

最新記事

  1. SNSは今後どうなっていくことが予測される?
  2. 有名どころだけじゃない!世の中のSNS!
  3. SNS同士の連携でより便利で不動のものに
  4. LINEは日常に欠かせないSNSとなった!
  5. 若年層の割合が多いTwitter
Return Top