1. Facebookは仕事で活用している人が多い
  2. 写真や動画の時代だからこそ、インスタグラム
閉じる
  1. 若年層の割合が多いTwitter
  2. Facebookは仕事で活用している人が多い
  3. タグ付け?アーカイブ?インスタグラムを使いこなす!
  4. インスタグラムでアカウント削除になる理由?
  5. 写真や動画の時代だからこそ、インスタグラム
閉じる

若年層の割合が多いTwitter

Twitterの利用者は、若年層の割合が多いと言われています。
なぜ若年層の割合が多いのでしょうか。
それは若者とTwitterの相性がいいからでしょう。

Twitterの特徴の一つとして、拡散性が挙げられます。
有名人ではない普通の一般人のツイートが、何万とリツイートされて話題になることも度々起こります。
話題性のあるツイートをすれば、誰でも有名人のような気分を味わえる可能性があるのです。
目立ちたい、自分の存在を知ってほしい、そんな風な欲求を持つ若者はTwitterを利用します。
すべての若者の自己顕示欲が強い、というわけではありませんが、若く幼い人にはこういう傾向が強いように思います。

Twitterにはトレンドというものがあり、今現在どんなワードが多くつぶやかれているのかがわかります。
すなわち、その瞬間にネット上で話題になっていることや流行を知ることができるのです。
そして、中高生とトレンド、流行は切り離せない関係だと言っても過言ではありません。
この点においても若年層の利用者が多いのがうなずけます。

タイムリーな話題が共有できる、ということもTwitterの特徴の一つです。
例えばテレビ番組でのタレントの発言やニュースの速報などについて、近くに話せる人がいなくても、Twitterを開けば同じものを見ている人と出会うことができます。
瞬間的な話題を誰かと共有することができる、これも若年層がTwitterを利用する理由の一つではないでしょうか。

また、Twitterを趣味用に使っている人も多いように思います。
不特定多数の人と自分の好きなもの、こと、人について話すことができます。
交流を深め、まるで友達のようになることもあります。
顔や素性がわからない者同士、話せることもあるのかもしれません。

若年層は、ネット上で知らない人と個人的な話をすることに比較的寛容です。
それは、若者は小さな頃からネットというものに触れていたからでしょう。
そんな若者のオープンさとTwitterの相性は抜群です。
Twitterなら、簡単に世界中と繋がることができます。

最近では、芸能人の炎上が話題になることがあります。
過激な発言または不用意な発言が反感を買ってしまうのです。
不特定多数の人に自分のツイートが見られてしまう、これが時に悪い方向に作用してしまうのです。
SNSが普及してから、こういうことも増えました。
芸能人は元々フォロワーが多いため、騒ぎになりがちです。

一般人のツイートが炎上してしまうこともあります。
中高生はまだ幼く、やっていいことと悪いことの判断がつかない子もいます。
ですが、使い方さえ間違えなければ、若者にとってTwitterはとても楽しく便利なツールです。

関連記事

おすすめ記事

  1. Facebookは仕事で活用している人が多い
  2. 写真や動画の時代だからこそ、インスタグラム

最新記事

  1. 若年層の割合が多いTwitter
  2. Facebookは仕事で活用している人が多い
  3. タグ付け?アーカイブ?インスタグラムを使いこなす!
  4. インスタグラムでアカウント削除になる理由?
  5. 写真や動画の時代だからこそ、インスタグラム

アーカイブ

ページ上部へ戻る